BLOGブログ

東洋占術から見る五行学とヨガのつながり

運命学を皆さんご存知ですか?

運命学とは東洋占術の五術【命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・医(い)・山(ざん)】のことを言います。

東洋占術とは陰陽五行の陰と陽とともに木・火・金・水といった考え方をベースに、古代中国を中心に発達した占いです。

五行学を知ることができれば『真の健康とは?』この答えにたどり着くことができます。

東洋占術とは?

東洋占術とは、陰陽五行の考え方をベースに成り立つ、主に古代中国で発達した占術です。
代表的なものとして、生年月日から命式を作成して占う四柱推命、名前で占う姓名判断などが挙げられます。

東洋占術は【命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・医(い)・山(ざん)】と五つに分けられており、五術と呼ばれています。

【命】で生まれながらの"宿命”と呼ばれる人生のバイオリズムを知る。
【卜】で近い未来のこれからの動きを知り、整える。
【相】で今まで自分が歩んできた結果、現在にどう影響しているかを知り、軌道を修正する。
【医】で命・卜・相を参考に将来、起こりうるであろう病気を防ぐ、またはすでに発症している病気のケアや改善をする。
【山】で心身共に健康で若々しい身体と精神を継続し、維持する。

これら五術をすべて習得した人はその昔、心と身体の修練を積んだ人だと考えられていました。
ここから五術をさらに詳しく見ていきましょう。





1 命学

命(めい)学とは、人の運命や宿命を占い、生まれ持った使命や特性を読み解いたものです。

生年月日や生まれた時間だけでなく、生誕した場所などを用い、人生の傾向や生まれ持った性質を見ます。

運命・生死・栄枯盛衰を診断するため、自分に合った適職や、人間関係。
また、人生の節目や今後の人生において、不安なことや気を付けることを傾向として占断します。

命学の占いには様々な方法がありますが、四柱推命、九星気学、西洋占星術、数秘術などが命学に該当します。


2 卜学

卜(ぼく)学とは、卜術ともいわれ、命学や相学とは違い、その人が持つ情報を元に占断するのではなく、"偶然”出た結果をもとに占う方法です。

偶然こそ必然であるという考えを元に何のカードが出たか、位置はどうかなどを占断していきます。
相手の気持ちや、1ヶ月以内の近い未来に気を付けておきたいことを知るのに適しており、常に変わりゆくものに対して占うことができるのが特徴です。

今日はどんな日になるだろうか、この悩みの答えはイエスかノーか…といったテーマを決めてその結果を読み取るのです。

卜学は主にタロットカード、ダイス、ルーン、易占いなどが該当します。
また、卜学では偶然性からその事象の傾向を見るため、本質的な性格や人生の傾向、その他才能などを占断するにはあまりおすすめはできません。

3 相学

相(そう)学とは、外見上に現れている特徴から人の性質や運命を判断し、吉凶を見て運気を良い方に導く学問を指します。

その人の歩んできた生き方や性格などが、時間の経過と共にしわや顔つき、物の形状によって現れるため、その人の過去を遡ることができます。

そこから現在に影響している出来事を紐解き、軌道修正していくのです。

相学の種類には人相・手相・家相・墓相・風水などがあります。

特に風水は模様替えをする・運気の上がる財布を持ち歩く…など、日常生活に気軽に取り入れられることから、他の占いよりも比較的取り組みやすいので、実践している人も多いのではないでしょうか。

4 医学

医(い)学とは、人間の身体に主眼を置いた学問であり、病気を治すことを目的とし、東洋医学を施す方法です。

現在の西洋医学の"医療”とは異なり、漢方医学や漢方治療、鍼灸治療を医学と呼びます。

先述した占術の結果から、その人の性格、性格から影響される臓器、起こりうる病気の傾向を推測、予防。

また、生まれつきの体質を占術の結果から導きだし、その人の体質に合った方法で病気と向き合うことを目的とします。

『上医はいまだ病まざるものの病を治し、中医は病まんとする者の病を治し、下医はすでに病みたる病を治す。』という言葉があり、医者は上医・中医・下医と分けられていました。

つまり、上医とは病気になる前の未病を未然に予防できる者。
中医は、未病を治す者。
下医は、病気を治す者。という意味です。

このように予防医学に重点を置く東洋医学においては病の全てを事前に防ぐことが何よりも大切だという考えが根底にあるのです。

5 山学

山(ざん)学とは人間の心身を完成させるための身体を動かす運動を指します。

昔の方々は山に入り修行したために山と呼ばれました。
山学にはヨガ、太極拳、呼吸法、拳法などがあります。

命・卜・相・医を学び、継続的に日常的に身体を使い、心身を整える。

最近では就業前に"マインドフルネス”を大手企業を筆頭に取り入れている会社が多数存在します。

呼吸を整え、集中力を高め、仕事の効率性を上げる効果が認められているためです。

このように呼び名を変え、形を変え、山学は現代でも心身の安定を図る健康法として取り入れられているのです。

西洋医学と東洋医学の違い

現代では、医学の進歩と発達により、【身体を良くする=医者のお世話になる】と言った考えが一般的です。
病気になったら病院へ行き、その症状に合わせたお薬を処方してもらい症状を抑える。
例えば頭痛がしたら頭痛薬を処方してもらい痛みを取り除く。

所謂、対処療法とよばれるものが西洋医学と呼ばれるものです。

反対に東洋医学は病気になる前の"未病”を防ぎ、そもそも病気にならない、なりにくい身体作りを目指す予防医療なのです。

なかなか現代に東洋医学が浸透していないため、ピンとこない方も多いと思いますが、捉え方の違いとしては【事後(西洋)、事前(東洋)】といった違いがあります。

占いと医学

実は、東洋医学を学んでいる医者の方々は『占い師と医者は同業種』と捉えている方も少なくなくありません。

生まれながらの宿命と人生のバイオリズム。
性格から思考の癖。

その思考の癖から臓器にどのような影響があるのか。
手相を見て、顔色を見て、舌診断をする。

そこからどのような病気になる可能性があるのか、など多角的な角度でその人を占断し、診断するためです。

実際に問診中にカードを引いたり、星読みをする先生方もいらっしゃいます。

【占術】と言う言葉だけを切り取ると色眼鏡をかけてしまう方もいらっしゃると思いますが、その昔、占いと医学は同等に扱われられ、多くの人の命を助け、そして慕われていました。

種類は変わりますが、欧米ではアロマテラピーも民間療法として認められています。

この様に【治療=薬】だけではないと言うことを皆さんに知って頂きたく、今回このようなブログの内容にさせて頂きました。

自分を知り、たった一度の人生を悔いなく全うするためには健康なくしては叶える事さえできません。

西洋医学にも、東洋医学にも良い所がたくさんあります。
西洋医学が先行している現代、ご自身の可能性を広げるひとつとして東洋医学を学んでみるのも選択のひとつではないでしょうか。

情報や知識を得ることでご自身が家庭医となり、ご自身だけではなく、大切な周りの人たちを守る事ができる様になるかもしれません。

SHARE!

BLOG TOP